ログブック

來來尸來 広報部
「観劇を旅に組み込む」をコンセプトにおすすめスポットを紹介します。
  • バー「grand-bar」

「観劇を旅に組み込む」をコンセプトに、おすすめスポットを紹介していくログブック、第5弾です。

旅することはその街を味わうこと。味わうといえば食事。本当に食事だけ?
いえいえ。今宵は大人な夜を味わっていただきましょう。

お店の名前は「grand-bar(グランバール)」さん。烏丸御池駅から徒歩3分ぐらいの場所にあります。(2階です!)

扉をくぐると、そこにはお洒落な空間が。
まだ何もしていないのに、特別な夜が約束されたような気がしてきます。

店内はゆったりとした雰囲気でカウンターだけでなはく、テーブル席も用意されています。
一人で行くもよし、好きなあの人を連れて行くもよし、です。(ペア割のお求めはお早めに!)

メニューも豊富で、お酒だけではなく食べ物も美味しそうなものが……。
あれもこれも食べたいけど、お酒も飲みたい。悩みどころです。

バーテンダーさんにメニューにないカクテルをお願いしちゃったりするのも、きっと醍醐味ですよね。

バーテンダーさんがとてもフレンドリー。楽しかった話も、愚痴だって笑顔で聞いてくれます。そしてこの方々、ただの聞き上手じゃなく面白い話をたくさん披露してくださいます

一人だからって、退屈させてもらえそうにありませんね。

旅の余韻と共に、乾杯。



grand-bar(グランバール)

所在地 : 京都府京都市中京区間之町通姉小路上ル木之下町274-12 カームネス御池ビル2F
営業時間 : 19:00~翌4:00
定休日 : 年内無休 年始1/1、1/2のみ休業

  • 天丼「京都新京極天丼 京極亭」
「観劇を旅に組み込む」をコンセプトに、おすすめスポットを紹介していくログブック、第四弾です。
 
今回ご紹介するのは、会場であるライト商會にほど近い、新京極三条の天丼のお店、「京都新京極天丼 京極亭」さんです。
MOVIX 京都前、「金の鳥から」さんと「お好み焼き 永楽」さんに挟まれています。
 

 
お店は広くはありませんが、席数はそこそこあり、回転も早いのであまり待たずに入れるかと思います。
 
では、本題のメニューについて。
種類は豊富で、天丼はもちろん、天ぷら、デザート、お酒まであります。
名物は「京極丼」、かなり豪華なひと品です。ちょっと量が……なんて方には、「ミニ京極丼」もおすすめですよ。
 
 
そんな中、今回取り上げるのは「とりの親子丼」と「天ぷら盛り合わせ」です!
 
まず親子丼は、ジューシーなとり天のボリュームもさることながら、玉子の天ぷらが半熟の黄身を抱えながら丼の真ん中に君臨しており、見た目以上に満足感たっぷりのひと品です。添えてある大葉の天ぷらや紅しょうがの天ぷらも良いアクセントになっています!
 
 
 
次に、野菜5品を基本とする天ぷら盛り合わせ。「え、天ぷらだけ…」などと侮ることなかれ。衣がサックサク、かつ素材の味がしっかり楽しめます。「並」と「上」があり、「並」は軽くお腹を満たしたいときに、「上」は海老と穴子がつくのでちょっと豪華、しっかり食べたいときにおすすめです。塩でも、ダシでも、そのままでも、美味しいんです。
 

 
京極亭さんの天ぷらは全てこめ油で揚げてあり、油っぽくなくヘルシーな天ぷらがいただけます。お米にもこだわりがあり、ひと粒ひと粒が立っている感動も味わえます。
更に、テイクアウト可能というところも大きなポイント。お家でも食べたい!という希望も叶いますよ。
 
最後に、極めつけは、お店のご主人!
気さくで陽気でノリの良いお方です。写真も快くOKしてくださいました。感謝です。
 
 
隠れた名店の天丼、観劇前や観劇後のごはんにいかがでしょうか。
 
少し長くなりましたが、以上、「京都新京極天丼 京極亭」さんの紹介でした。
 
読んでくださりありがとうございました!
 
 

 
京都新京極天丼 京極亭
所在地:京都市中京区新京極通三条下ル桜之町406-11 (MOVIX 京都前)
営業時間:11:30~22:00
年中無休
  • 古道具屋「sowgen」
「観劇を旅に組み込む」をコンセプトに、おすすめスポットを紹介していくログブック、第三弾です。
今回は、いろいろな古いものをお楽しみ頂きましょう。
博物館?いえいえ。
今回ご紹介するのはこちら、アンティークショップ、sowgen さんです!
 
 
 
中をのぞき込むと、ぐうぅっと奥まで続いています。
無限回廊という言葉を思い出しつつ、奥へと進みます。
入り口から既にさまざまなものが鎮座在しており、何に使うのかわからない車輪や工具、もう、秘密基地です。
 
カフェ&バーもやっているらしく、COFFEEの表示が。
手書き感がたまりません。
 
 
店内に入ると、これでもかと言うほど素敵なもののオンパレード。
歯車、丸ストーブ、ドライフラワーにレンズ。
 
一つ一つのものに歴史と由来が詰まっています。
小さな木製のオモチャ、錆びた三輪車。
誰が使ったんだろう。
これらの品はさまざまな建物取り壊した際に出てきた品とのこと。
それ以外にも店長が海外を飛び回り見つけてきたこだわりの品ばかり。
 
甲冑!!甲冑があるのですよ!!
実際に使われていた逸品とのこと。
 あえて写真は載せませんので、店内でご覧下さい。
 
店内は……もはや、アレですよね。
魔法道具屋さんを思い出します。
昔から大好きです。あのイギリスの魔法小説。
 
 
店を後にし、外を見ると、冒険のおわりという感じ。
トンネルを抜けると、そこはわたしたちのまち、京都。
 
本編の前に気分を高めたい方は是非こちらへ!
 
 

 
 sowgen(ソウゲン)四条店
所在地:京都府京都市中京区高宮町573
■ Antiques / Plants
営業時間:11:30〜19:00
■ Cafe&Bar
営業時間:11:30〜22:30(L.O. 22:00)
定休日:毎月第2水曜日
HP:http://www.sowgen.com
Instagram:https://www.instagram.com/sowgen_kyoto
  • お寺「法華宗大本山 本能寺」
「観劇を旅に組み込む」をコンセプトに、おすすめスポットを紹介していくログブック、第二弾です。
旅をすることと、寺社仏閣を訪れること。
たとえ歴史に詳しくなくても、その土地の価値観を感じたり荘厳な雰囲気を味わったりでき、結びつきが強いのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは、「敵は本能寺にあり!」の言葉とともに、明智光秀が織田信長を討ったことでお馴染みの本能寺。
実はこの「本能寺の変」のときのお寺は4代目(跡地が堀川高校の付近にあります。その後、秀吉によって移転されました)。
焼き討ちや大火での焼失を何度か経験し、計7回も再建立されているそうです。
 
そしてその最新版の本堂がどこにあるかというと、なんと、ライト商會から歩いて5分で行けるんです。
寺町通のアーケードを、北へ京都市役所前駅の手前まで進むと右手に門があります。
 
 
境内に入って右手の大寶館では催しがあり、この日は「刀剣展」。甲冑体験も行われていました。
手入れされた池には錦鯉がたくさん。
 
 
石畳を進んだ奥に本堂があります。
周りの背の高い木々に負けない立派な建物です。
 
中へ続く橋が架けられています。
上ったところで靴を脱いで入ります。
中では写真を撮れないのですが、天井から下がる飾りがとてもきれいでした。
本堂から出て裏手へ進むと、信長にまつわるお墓や大イチョウも見ることができました。
 
 
裏門を出ると河原町通。異世界を通り抜けてきたような気持ちになります。
 
 
本能寺について、名前は知ってるんだけど…という方も多いはず。
近くに来た機会に、今の姿を見に行ってみませんか。
 
 

 
法華宗大本山 本能寺(ほっけそうだいほんざんほんのうじ)
所在地:京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522
参拝時間:6:00~17:00
参拝料金:無料
  • ラーメン 「麺屋 優光」
「観劇を旅に組み込む」をコンセプトにした新コーナー、ログブック。來來尸來 001便「ログ」の観劇を考え中の方に、おすすめスポットを紹介していきます。
 
第一弾は、ラーメン!

京都ラーメンといえば、醤油ベースに背脂に大量の葱。見た目はこってりしていますが、実際食べてみるとまったくくどくない。

家庭料理に感じる安心をまるごと飲み干せる一杯。
ますたに、第一旭、魁力屋などがその代表です。
 
そんな典型的な京都ラーメンとはまた違いますが、
今回來來尸來がおすすめするのは、こちら、「麺屋 優光」さん。
 
 
ライト商會から徒歩11分(900m)、烏丸通を北上し姉小路通で左折したところに、間接照明に照らされた白い壁とガラス張りのドアの建物がございます。なんともお洒落な佇まい。
 
2階にもお席があるので見た目よりは広く、女性も入りやすいお店です。
 
そしてなぜか店員さんもどことなくお洒落。
 
メインメニューは全3種類。すべて800円。
 
 
ぜひ、ここでは、貝汁の淡竹(はちく)を召し上がっていただきたいです。スープをひと口飲むだけで、広大な海が広がります。
 
「あ、京都の海はここにあったんだね。」
 
 
塩でいただく鶏餃子もお忘れなく。これまた感動です。
 
麺屋 優光のラーメンを食べれば心も体もぽっかぽか!
今回の旅に組み込んでみるのはいかがでしょう。
 
 

 
麺屋 優光(めんや ゆうこう)
所在地:京都市中京区場之町588
営業時間:11:00〜15:00、17:30〜22:00
定休日:木曜