おどうぐばこ

こんばんは。
単管を組んだことが一度もありません、いのまちです。助けて後輩。
さて昨日は稽古でした。らいしーとしては4回目でしたが、行くのは2回目、稽古を見るのは初めてでした。
 
前回はなんとなく3時間会議になったんですよね。
ちなみに田中直樹さんをお呼びしたツイキャス第二弾はその時決まったものです。
お聴きくださった皆様ありがとうございました!!
第三弾は検討中でーす!!!
はい。
初めての稽古ということで、シーンを詰めていくところを眺めていたのですが、難しかったです。
難しいというか苦手でした。
これまで好きだったお芝居のジャンルとは結構離れていましたし、使ってきた考え方と違うものがたくさん飛び交っていました。
良い具合にフザけられたところもありましたが。
 
あんまりこのあたりを書いて「ヒエッ」と感じさせてしまってもいけないので、演出に関わらないところで胸に落ちた言葉をひとつ挙げますね。
 
「粘土遊びをしてねと言われて粘土の塊を持ってる、でも私は粘土の遊び方を知らないの。そんな気分」
 
自由にシーンをやってみよう。という振りへの役者さんの反抗でした。
やだな、わからないな、と思いながら演じるよりこうして言葉にして返せるの、素敵。
長い長ーい準備期間のメリットだとも思います。
 
ただ私はまだ持ってるのが粘土なのかどうなのかも分かってない状態です。
煮て焼いて食べちゃおうかと思ってます。

 
いのまちあーみ

You may also like