こねこね会議

こんばんは、羊毛です。

お久しぶりです。


お久しぶり、とか言ってる間に本番が近づいてきました。


ので、演出と照明会議をしました。

今まで役者としてしか繋がりがなかった平次さんとの会議は、なんだか新鮮です。


当たり前と思われそうだけど、僕はだれと照明をつくるかによってどうつくるかを変えます。

方法と気持ちの話です。


形を変えて寄り添うこと。

これは僕の性格であり、裏方としてのモットー。

縦棒ばかりじゃテトリスはおもしろくないでしょう?


そんな会議は ねり上げていく という言葉がしっくりきました。


僕がぺたっと貼り付けたものに、彼がぺたっと上乗せしてくる。

それをひとこねすると、向こうもひとこね返してくる。

二人とこねこねし続けると、何か良さげなものができあがってました。そんな感じ。


彼は「僕は照明の人じゃないから」と僕を尊重しながらも、きちんと横に立ってくれます。

何故この明かりなのか、意図を聞いてから賛成反対をくれます。


それはきっと、彼の演出にしっかりとした意図があるから。


だから今回、僕はそれを邪魔しない、そして引き立てられる明かりを考えました。

考えられているはずです。

これはごくごく当たり前の話。


観客にちょっとしたアクセントとヒントを。

それが今回の目的です。

照明を見て!とは思わないけど、あなたの頭に残る絵に明かりもあればいいな。


2/9、ライト商會でお待ちしています。

ぜひぜひお越しください。



羊毛(ソキュウ/その場しのぎ)
投稿を作成しました 25

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る